鍵 マークのついたボタンは会員専用ページとなります(ご覧にいただくにはユーザー名、パスワードが必要です)。ご不明な点は 事務局までお問合せください。

論文

日本国際観光学会が年に1回発表している『日本国際観光学会論文集』と、『太田記念国際観光懸賞論文』の一覧です。

日本国際観光学会論文集 一覧

第1号 1993年11月 第2号 1994年11月
第3号 1995年11月 第4号 1996年11月
第5号 1997年12月 第6号 1998年12月
第7号 2000年1月 第8号 2001年1月
第9号 2002年3月 第10号 2003年3月
第11号 2004年3月 第12号 2005年3月
第13号 2006年3月 第14号 2007年3月
第15号 2008年3月 第16号 2009年3月
第17号 2010年3月 第18号 2011年3月
第19号 2012年3月 第20号 2013年3月

第1号 1993年11月

■国際観光学会論文集の刊行にあたって 住田俊一
<優秀賞入選作>
■FIT化する海外旅行市場 小林英俊
■質の時代をリードするFIT対応 亀澤一昭
■国際経済の中の日本の国際観光 亀澤一昭
■21世紀のモデル社会をめざして 住田俊一
■旅行業の未来を探る 桜井 一
■売れる旅行商品企画のポイント 田中照泰
■ザクセン州の現状と国際観光振興政策への提言 今井哲朗
■5年後の海外旅行市場と女性パワー 太田久雄
■Hosting the 11th Japan Travel Symposium at WTM, London Tetsuro Imai
■Adjusting to new market conditions and suggestions for promoting Britain in Japan Yoshiyasu Mayumi
■Developing tourism from Japan to Scotland Alice Wood
■Hawaii:How does it measure up to major reasorts in Asia/Australia Miaki Nose

第2号 1994年11月

■日本国際観光学会論文集(第2号)の刊行にあたって 住田俊一
<優秀賞入選作>
■物語体験ツアーへの実践的な提言 西村秀三
■旅行業界の社会的地位の向上 中尾文行
<特別賞入選作>
■現代小説から模索する新しい旅 荒澤秀穂
■海外旅行と宗教 高橋伸雄
<学生奨励賞>
■バリ島絵画と観光循環システム 田尻敦子
■21世紀近未来は観光が基幹産業 住田俊一
■日本の国際化の問題点 今井哲朗
■イタリアのガイド資格とその問題点 遠藤充信
■これからの旅行会社のありかた 岩田隆一
■「旅と観光」食文化からの視点と考察 太田源三
■「旅」「観光」の定義 竹田軍郁
■ハブ&スポーク、航空会社と空港 太田久雄
■The Family and Thirtysomething Markets for Hawaii Teruyasu Tanaka
■Consumer Protection”in the Japanese Travel Industry Yasuo Karatsu

第3号 1995年11月

■日本国際観光学会論文集(第3号)の刊行にあたって 住田俊一
<優秀賞入選作>
■主催旅行における消費者保護と消費者責任 佐々木正人
■海外旅行における消費者の購買行動分析 大谷美文
<特別賞入選作>
■海外旅行に対する消費者の価値観の変化 東 瑞穂
■地方での国際観光推進の問題点 高田佳史
■対日理解と国際観光 内藤嘉昭
■国際交流と海外修学旅行 阿部晋一
■モノ中心の価値観が支配する日本人の海外旅行 亀澤一昭
<奨励賞>
■日独間の労働時間の比較考察による新たなる観光・旅行価値の創出 木嶋武史
■旅行の効用と販売・添乗と国家試験 勝岡 只
■東アジア・西太平洋地域における爆発するツーリズムの背景 津山雅一
■旅行業の社員と旅行業をめざす学生の意識調査 清水 誠
■戦後50年・国際観光の現状と課題 大庭祺一郎
■人間ルネッサンスと地球環境 太田源三
■タイにおける観光産業の経済効果 岩田隆一
■転換期の旅行業 川口 満
■海外旅行の安全について 丸木正登
■第6回国際研修旅行(オーストリア・1995年7月8~14日) 今井哲郎
■国際航空マーケットの潮流 高岡祐二
■コミッションからフィーへ 太田久雄
■空港アクセスとしての鉄道 鷹司信兼
■Quality in Business Travel Yasuo Karatsu
■Orlando as a Destination-Review of Current Travel Trends from the Japan Market Minako Yamazaki
■Hawaii-Just Like Any Other Domestic Trip Teruyasu Tanaka

第4号 1996年11月

■日本国際観光学会論文集(第4号)の刊行にあたって 津山雅一
<特別賞入選作>
■旅行業周辺ビジネスとの連携による新しい海外商品 中島壮太
■国内観光空洞化への対応 多田宏行
■国内観光空洞化とその活性化 内藤嘉昭
■国内観光空洞化とその対策 瀬川 慎
<奨励賞入選作>
■弱者にやさしい国際観光への道 上 紀男
■国際観光における対話の意義と技術 横倉恵美子
■海外旅行者とコレラ感染 甫立 八洲
■ツーリズムのコンセプトの再吟味 津山雅一
■新聞広告に見る鉄道旅行 鷹司信兼
■観光マーケットのグローバル化と国際企業人としての今後の課題 リック増田
■異文化コミュニケーション研究の課題 藤村延魚
■海外旅行商品と成熟市場の消費者 岩田隆一
■わが国ホスピタリティ産業の現状と課題 大庭祺一郎
■ジャルパックの変遷に見る主催旅行 中村房昭
■海外旅行における旅行会社の機能 大谷美文
■開港2周年の関西国際航空と「関空効果」の検証 河野俊明
■観光教育のすすめ 太田源三
■主催旅行マーケティング序論 太田久雄
■The Mediterranean for Long Haul Tourism and Travel Yasuo Karatsu
■Hawaii as Competitive Destination with Major Competitors Guniku Takeda

第5号 1997年12月

■国際観光学会論文集(第5号)の刊行にあたって 津山雅一
<審査員奨励賞>
■観光振興と観光産業のあるべき姿 加藤弘治
■中央ヨーロッパの旅-魅力をさがして 光武 幸/ウラジミール・バラズ
■日本の観光地はアジアの一大リゾートを目指せ 鍋田 毅
■「ウエルカムプラン21」の課題 鄭 守 源
■「研究ノート」ぼくの大好きなハナウマ湾 千葉久義
■EFPの経済分析 長谷川 通
■成長する中小旅行会社にみる経営戦略 山口晶美
■航空アライアンスの現状と問題点 坂本昭雄
■消費者囲い込みと餌付け 竹田軍郁
■海外個人旅行市場におけるJTB の挑戦 藤本 誠
■中国の旅行開発について 徳村志成
■海外旅行における日本人の土産購買行動 丸木正登
■サービスからホスピタリティ 山口裕司
■国際交流とインバウンド観光の役割 太田源三
■旅行業とは何か 太田久雄
■わが国のホスピタリティ産業の現状と課題 大庭祺一郎
■有形、無形の文化財をめぐる台湾の歴史の旅 橋本博之
■サービス進化論 望月清文
■旅行業プロの苦情処理学 梅沢 功
■試論集団大飯店的経営改善策略 徳村志成

第6号 1998年12月

■国際観光学会論文集(第6号)の刊行にあたって 津山雅一
■価格低下と旅行サービス 岩田隆一
■「道」に学ぶ 太田源三
■グローバラィゼーション時代の観光と異文化理解 大庭祺一郎
■東京湾国際空港 柳本信一郎
■アメリカ・ツーリズムの一側面 吉田春生
■外貨危機が韓国の国際観光に与える影響 鄭 守 源
■比較広告で観光客が増加したグアム 太田久雄
■サービス業の考え方とシステム 小林 宏
■戦略的マーケティング経営 中澤 功
■PROFILE OF THE JAPANESE OVERSEAS TRAVEL MARKET Yasuo Karatsu
■旅遊資源・旅遊行程設計和社会需求的関係 徳村志成

98年度公募論文受賞作品

(論文)
<優秀賞>
■「海外危機情報」の提供に関する法的考察 佐々木正人
<優良賞>
■激変した香港への旅客需要とその背景 印南 進
■日本は観光立国となり得るか 吉沢新一
<奨励賞>
■日本のテーマパークの現状 本庄加代子・森 新宏
(研究ノート)
<佳作>
■都市観光のヴォランティア組織 岩崎三恵
■対応不十分なパッケージ・ツアー 佐藤圭樹
■海外でのトラブル回避法・対処法 丸木正登
■個人旅行は触れ合いだ 山田恵子

第7号 2000年1月

■日本国際観光論文集(第7号)の発刊にあたって 津山雅一
■旅行商品の高付加価値化は可能か 岩田隆一
■生涯学習における『旅』の意義と役割 太田源三
■持続可能なデスティネーション・マーケティング 三ツ木丈浩
■規制緩和と空港の経営 今井哲郎
■国際観光の大衆化とマルチメディア 大淵三洋
■諸外国の旅行消費弁済保証制度の研究 桜田 薫
■ハワイのツーリズムの問題点と戦略 津山雅一
■第3の波 太田久雄
■米・日ホテル経営者の事業観の相違 藤村延魚
■鉄道駅名に見る日本人の宗教心 鷹司信兼
■韓国閉鉱地域のカジノ産業の育成政策 鄭 守 源
■中国人韓国客の受入れについての一考察 徳村志成

99年度公募論文受賞作品

<優秀賞>
■高齢者観光の促進制度に関する研究 崔 東 日
■外国人旅行誘致の問題点 富川久美子
<優良賞>
■観光産業から見たIT 藤田 浩
■航空規制撤廃のもたらす影響 森下訓子
<奨励賞>
■三極化する21世紀の旅行会社 古田正一
■海外旅行市場の価格革命と透明度 印南 進

第8号 2001年1月

■日本国際観光論文集(第8号)の発刊にあたって 香川 眞
■経営分析指標からみた観光産業(優秀論文賞受賞) 唐津康夫
■文化観光のタイム・マーケティング戦略 山上 徹
■高齢者にふさわしい旅行商品の開発 丸木正登
■ツーリズム・サテライト・アカウント(TSA) 津山雅一
■能登空港開港に向けての提言 今井哲郎
■観光研究の問題意識と研究方法の視点 香川 眞
■ホスピタリティ・マネジメントとブランド・バリュー 山口祐司
■海外修学旅行に対する国際航空運賃 加藤由紀子
■日本人海外旅行形態論 吉田春生
■三つのホスピタリティ 太田久雄
■南・北韓交流と北朝鮮観光産業の開発 鄭 守 源
■中国の旅行発展政策と国際観光客の受け入れ 徳村志成

2000年度公募論文受賞作品

<優秀賞入選作品>
■観光産業での「文化仲介者」の役割 中村純子
■外国人旅行誘致の問題点 島川 崇
■日本の温泉地の近代化 下島康史
<奨励賞入選作品>
■修学旅行における「ライフ・インストラクター制度」試案 佐藤 功
<書評>
■「米国ホテル会計基準」「旅行の法律学」「国際観光とエコツーリズム」「eエコノミー時代の経営戦略」「海外旅行マーケティング」

第9号 2002年3月

■日本国際観光論文集(第9号)の発刊にあたって 香川 眞
■異文化体験実践としての海外研修旅行 秋山秀一
■なぜタイの観光はアジア通貨危機でも強かったのか 岩田隆一
■日本の温泉地の近代化―ドイツの温泉地に学ぶ― 大島慎子
■ホスピタリティ・マネジメント試論―実践論の観点から」 唐津康夫
■観光振興と住民意識に関する考察 工藤泰子
■ドイツの都市交通―ミュンヘン市の例 白浜靖彦
■人間の学としての観光学ー 竹田軍郁
■2002年釜山アセアンゲームと日本人観光客の誘致方案 鄭守源
■日本仏教と日本発仏教遺蹟観光の特質について 古田正一
■国際線ビジネスクラス航空運賃の展望 堀 和秀
■スパツーリズム過去・現在・将来展望――オーストラリア スパカントリー 光武 幸
■世界一の航空会社・パンアメリカン航空の栄光と挫折 柳本信一郎
■観光のコミュニティ・アプローチはいかに可能か─ビクトリア観光の現在から 吉田春生
<研究ノート>
■観光資源としてのエコロジーパークのありかたについて 加藤由紀子

2001年度公募論文受賞作品

<優秀賞入選作品>
■国際観光開発プロジェクトの問題点 ―EUの事例から― 島川 崇
■観光地としての『世界の東北』の創造に向けて 及川 真紀

第10号 2003年3月

■日本国際観光論文集(第10号)の発刊にあたって 香川 眞
■観光産業の接客サービスの標準化はなぜ必要なのか 岩田隆一
■EUにおけるノーフリル航空会社と代替空港 印南 進
■第3種中小旅行業者の現実と提案 宇野寛三
■観光の満足要因と不満足要因―甘粛の観光を事例として― 王偉・若月博延
■旅行商品企画の5本柱 太田久雄
■中国における環境問題と観光産業との関りについての一考察 加藤由紀子
■旅行産業における環境活動―サステイナブル・ツーリズムに向けて― 唐津康夫
■観光地におけるホスピタリティとの受入体制―京都観光の現状と地元住民の意識について 工藤泰子
■航空会社の顧客満足(CS)戦略―日本航空の対応を中心として 塩谷さやか
■観光と観光産業の情報論的考察 鳥尾克二
■アウトドア活動の事業化課程―ニセコにおけるラフティング事業を例として 成澤義親
<調査・報告>
■エコツーリズムとしてのカムチャッカ観光 秋山秀一
■通訳・案内制度の各国の対応について 柴田祐逸

2002年度公募論文受賞作品

<優秀賞入選作品>
■アジアからの視線~近隣諸国旅行代理店から見た日本のインバウンドツーリズムの現状と課題 村上恭一
■観光地としての『世界の東北』の創造に向けて 吉野文雄

第11号 2004年3月

■日本国際観光論文集(第11号)の発刊にあたって 香川 眞
■観光地整備に関する一考察 小浪博英
■大交流時代の観光立国 その1.デスティネーション多様化の考察 手島廉幸
■城崎温泉の温泉力とホスピタリティの醸成 山上 徹
■韓国『江原道』における日本人観光客の誘致戦略考察 崔 炯奎
■日本の古道 その1.山の辺の道-道標整備とトレイルセンターの現状と今後の課題- 鎌本京子
■概論 観光政策と観光立国に関する考察 鳥尾克二
■企業の海外出張における旅行会社の役割と変遷 木沢誠名
■ホテル新国際化時代とブランドマネジメント序 櫻井宏征
■なぜ訪日外国人旅行者数は少ないのか 岩田隆一
■済州国際観光自由都市への育成戦略に関する考察 柳 性烈
■祭りの経済的波及効果の推定に関する研究-竹祭りを事例に- 李 承吉
■航空自由化時代における『ナショナル・フラッグ・キャリア』の戦略と事業展開-マレーシア航空のケースが示唆するもの- 塩谷さやか
<研究ノート>
■従業員満足度調査について 御子柴清志
■開港地函館における初期の外国人宿 西田淑子
■SARS報道の影響と旅行業界 大島慎子
<報  告>
■世界観光ガイド協会連名国際大会参加で感じたこと 柴田祐逸

第12号 2005年3月

■訪日外客数促進についての一考察-犯罪検挙者数の解析結果から- 石田育秀・牛尾圭佑・増田士朗
■わが国大手旅行会社の経営効率性の実証分析―全要素生産性と費用関数の計測を通じて― 遠藤伸明
■観光の満足要因と不満要因Ⅱ―甘粛観光の現状と課題― 王偉・若月博延
■Common Pool Resourceとしての景観の経済分 小澤健市
■昭和初期における観光行政―京都市観光課を事例に― 工藤泰子
■上代日本人のたびの概念-万葉集漢字表現による考察- 孝学美彦
■国内線時刻表に基づく旅客運賃の変化とその背景 木沢誠名
■Fundamental Challenges for Inbound Tourism Promotion -Toward creating a more attractive country with more openness and through deregulation– Sayaka Shiotani
■福祉観光のニーズと受け入れの課題 島川崇
■ハワイ人はツーリズムをどう捉えるか 奈良雅美
■中国・韓国からのインバウンド・ディスティネーションとしての九州―熊本県菊池市の例を中心として― 藤田啓次
■宿泊予約サイトにおける利用頻度評価と口コミとの関連 松島久美子・小口孝司・清水誠
■映像作品による国際観光振興と日韓文化交流に関する研究-日本映画LOVE LETTERと韓国ドラマ冬のソナタを事例として- 峯岸智行
■旅行マーケットにおける女性ニーズ把握の一考察-“消費ユニット”の把握と“チャート式コンサルテーション”- 山口晶美・鈴木英雄
■ホテル顧客市場に対するリレーションマーケティング活動分析-ソウル特級ホテルを事例に- 李銀洙・李承吉
■観光客の満足の決定経路と要因に関する研究-韓国ヨンイン市テーマ公園エバーランド入園客を事例に- 李承吉・朴昌奎
■観光動機の認知モデルとその妥当性の検証 梁春香
<研究ノート>
■中国人の海外旅行の発展と現状 木沢誠名

第13号 2006年3月

■中国における内資ホテルの活性化戦略 飯嶋好彦
■日本のインバウンド振興政策における国際経済学的課題 國玉勝一
■外国人旅行者受入政策における観光ボランティアガイド組織の役割と課題-全国善意通訳組織を対象として- 小松牧・中山徹
■親の「こども観」の変化による家族旅行ニーズの変容 島川崇
■スローツーリズムの現状と課題 内藤錦樹
■都市の観光力の要素と共創関係の研究 山上徹
■旅行業はどこまで文化マネジメントか 渡辺康洋
<研究ノート>
■京都観光にみる「皇室ブランド」についての一考察 工藤泰子
■教育都市の観光開発 高橋豊
■東北の町づくりと観光―岩手県遠野市にスポットをあてて― 藤田啓次
■福建省の観光開発―日本人観光客の受け入れの視点から― 劉翔

<太田記念国際観光懸賞論文受賞論文>

<最優秀賞>
■過疎地域における高齢者主体の民宿経営-静岡県子浦と千葉県岩井を事例に- 劉麗萍、山口翠、張毅、金子真理
<優秀賞>
■環境保護運動と持続可能な観光の変遷 朝水宗彦
<優秀賞>
■台湾人観光客の訪日意識調査から秋田の国際観光立県に向けて 鍾淑玲

第14号 2007年3月

■都市構造が観光的魅力の形成に与える影響に関する研究 新井秀之
■中山間地域における農家宿泊体験事業の促進要件に関する研究 大槻知史・城月雅大・鐘ヶ江秀彦
■インバウンド旅行サービスにおける通訳案内業の実態と育成体制のあり方 小松牧・中山徹
■ホテル従業員の感情不調和が職務態度に及ぼす影響 崔錦珍
■秋田の民俗催事と観光文化の比較研究 平辰彦
■コミュニティ・ツーリズムにおける「地域住民」の意識と「観光客」の新たな役割 中嶋真美
■静岡県のビジット・ジャパン・キャンペーンに関する報告 新田時也
■歩いて暮らし観光できる町づくり 藤田啓次
■消費性向から見た海外旅行のマーケットリーダー 森下昌美
■北京の観光活性化に対する日本人観光客への課題 山上徹
■大都市における観光まちづくりの理論的な考察 米原亮三
■祭りへの観光客の訪問動機因子と満足因子の相関性に関する研究 李承吉
<研究ノート>
■長野県原産地呼称管理制度の現状と課題 高野暖

<太田記念国際観光懸賞論文受賞論文>

<奨励賞>
■カンボジアにおける観光産業の発展 大前瞳
■京都観光の評価・満足研究―外国人観光旅行者と日本人観光旅行者における差異の分析― 堀内拓良

Copyright ©2009 Japan Foundation for Onternational Tourism All Rights Reserved.